ドーナツホールから見える宵闇

なんとなく思ったことを書いてます

足音は意外と腰に響くよ

結構健康には気を使っている方だと自負している。

私、絶対に風邪ひきたくないんです!!がモットーだ。

コロナが流行る前から、うがい手洗いは徹底していたし、冬はマスクを着用していた。

規則正しい生活をして、食事にも気を使っているつもり。

体調不良が世界で一番嫌なので、そこは頑張っている。

それでも1年に1度くらいは風邪っぽくなったりしてしまうんだけど。

 

そんな健康意識から体は動かした方が良いよねと常々思っていた。

仕事を辞めてから1日の運動量が今までの半分以下になっているのが気になっていて。

体力も落ちている気がするし、体脂肪率30%の隠れ肥満だし。

せめて動けるデブでありたいという目標を掲げ、

YouTubeで初心者用の有酸素運動や筋トレを地味に頑張る日々。

たった20分でも真剣に取り組むと汗をかく。

昨日も頑張って体を動かしていたところ、腰をひねる動きをした瞬間、

腰に衝撃が走った。

「あっ!?」ってなって。動けなくなって。痛いのと、なんか違和感がすごくて。

絶対違うんだけど、腰骨がずれたと思った。

動けないまま自分に何が起きたのか必死に考える。

え、もしかして、ギックリしちゃった?

これが噂に聞くギックリ腰ってやつ???

 

しばらくすると痛みが多少マシになったのでそーっと座る。

いや、痛いぞ。立っても座っても横になっても痛いぞ。

腰のやり場がない。

急いで痛み止めを飲んで湿布を貼ってみる。が、痛い。

夜も痛みでなかなか寝付けなかった。

こんなに痛いなんて・・。さすが体の要と言われるだけある。腰をやってしまうと一気に動ける範囲が狭くなった。

 

今まで「ギックリ腰やっちゃってさー」なんて話をヘラヘラ笑って聞いていてごめんなさい。こんなにツラいんだね。

「腰に爆弾を抱えている」なんて比喩も大げさだと思っていたけど、その通りだった。

爆弾だわこれ。

今後、腰痛の話が出たらめちゃくちゃ真剣に聞こうと思う。

そうだよね、ツラいよね。よく今まで頑張ってきたよ。えらい!って励まし付きで。

 

朝になったら昨日よりも痛みは落ち着いていたけれど、変わらず違和感を抱えている。

しばらくそーっと動く生活になりそうだ。

 

目的もない、当てもない、空気だけはある

今日は朝から電車に乗った。下り方面の空いているやつ。

特に用事はなくて、行く当てもない。

でも急に電車に乗りたくて。

寒くなってくると、電車内のあの足元から出る暖かい風が好き。

そして座ってうとうとする心地良さ。

 

冬の強すぎない日の光で体がじんわり温まる感じとか

駅に着いた時に入り込んでくる新鮮な空気とか。

そういうのが恋しくなって、とりあえず各駅停車に乗り込んだ。

少しずつ変わっていく風景や見慣れない看板を見ると小旅行気分になる。

30分くらい揺られて、今まで降りたことのない駅で降りてみた。

主要駅ではないから、駅前もそこまで賑わっていない。

 

駅で買った水を飲みながら目的地もなく散歩した。

別にものすごく地方に来たわけでもないのに、住んでいる街とは空気が違うように感じて深呼吸してみる。

途中にあった錆びた信号機がなぜが美しい。

新しいLEDのものや、やたら薄っぺらいやつじゃなくて

昔からある歩行者用の大きな分厚い信号機(ブラウン管テレビみたいなやつ)が好き。

エモいとかノスタルジーだとか言う気はないけれど、

理由も分からず心揺さぶられる物は誰にでもあるはずだ。

駅の周りを大きく一周してから帰りの電車に乗った。

 

車内はやっぱり空いていて、無事に端っこに着席する。

しばらくすると乗り込んで来たちょっと派手で可愛い感じの女の子が

ドア横(私にとったら隣)に立っていて、それだけで少し嬉しくなった。

美しい装いは回りの人の幸福度にも関係していると思う。

 

最寄りの駅に着けば頭の中はスーパーで買うものとか、

ドラッグストアに寄っていこうかななんて日常に戻っている。

たった2時間にも満たない散歩だったけれど、私はとてもハッピーだ。

清潔感のカケラを探す

“清潔感”、とっても大事。

若い頃はとにかく「可愛くなりたい」とか「綺麗になりたい」とか、造形に気が向いていた。

年齢を重ねたら(もちろん造形美も欲しいんだけれど)まずは清潔感が一番重要だと思うようになった。

 


実際に毎日お風呂に入っていても清潔感がない人はいるし、所謂『片付けられない部屋』の住人だとしても清潔感がある人はある。

その違いは何だろう?

 

一番分かりやすいのはやっぱり靴だろうか?

他をどれだけ着飾っていたとしても、靴が汚れていたらそれだけで台無しになる。

次は髪かな。痛んでボサボサだったりしたら、いくら洗っていても綺麗には見えない。

それから爪も!長くても手入れがされていれば綺麗だ。長くてボロボロとか、汚れが付いていたらダメ。

その次は服のシワ。靴と髪が大丈夫でも、しわくちゃのシャツを着ていたら清潔感からは遠ざかるだろう。

 

靴、髪、爪、服のシワ、に問題がなければ全員清潔感があるように見えるだろうか。

そう考えると結構ラクにクリアできそうだけど、そんな単純なこと?

自分でも無意識で判断している材料が他にもありそう。

 

私がずっと悩んでいるのはアイスクリームの食べ方。

あれ難しくない?

子供が口のまわりにクリームをつけながら頬張っている姿は可愛くてたまらないのに、それを大人がやると汚らしく見える。

舌で舐めとる仕草も下品にならないようにって思うと難しい。

だからといってカップアイスを食べてる姿なら良いのかと問われたら

「うーん…スプーンを口から出す仕草がちょっと…」と思うんだけど。

それらの理由から外でアイスを食べるのが苦手だ。

きれいに食べる自信がない。

シュークリームはひっくり返して食べるとクリームが溢れないという技を知ってから

人前でも食べられるようになった。

アイスクリームにも食べるポイントがあるのだろうか?

もしあるなら教えて欲しい。

 

今あげた2つに限らず、人前での食事は結構気を遣う。

たまにすっごく綺麗に食べる人がいると、思わず見入ってしまう。

綺麗に食べる仕草って色気も感じちゃうんだよね。

ブログのアイコン問題

少し前にブログのアイコンをケーキに変えたんだけど、

自分のページを開くたびに「ちょっとイメージと違うんだよね」と悶々としている。

それで皆んなのアイコンを参考に見させてもらっているんだけど、センスの良さに驚いている。

お洒落だし、ブログのタイトルとマッチしてたりして素敵。そして絵が上手な人が羨ましい!

 


私のブログタイトルは『ドーナツホールから見える宵闇』なんだけど、自分の中だとドーナツよりも宵闇がメインの言葉だったりする。(アカウント名も宵闇の夜なんです)

だからお菓子系よりも夜っぽい雰囲気の方がいいのかなぁと考えている。

あんまり夜に出かける事がないから夜景を撮る機会も少ないし、どうしようかな。

調べてみたら料金を支払えばアイコンを作成してくれるサービスもあるみたい。

それも良いなと思ってるんだけど、それは最終手段として残しておこう。

 

人のパーツは入れたくて、腕とか肩とか後ろ姿とか。

あと夜景と言っても東京タワーとかイルミネーションとかじゃなくて

海がいいなって。

地平線に沈んだ太陽が薄っすらと空に滲んでいる感じの海と人の後ろ姿・・かな。

えー素敵すぎる。けど、既視感もすごい(笑)

多分どこかで見たことあるんだろうな。

f:id:yoiyaminoyoru:20221130123355j:image

↑イメージこんな感じで。

 

これをイラストじゃなくて写真にしたい。

まずは海に行くところから始めないとな。道のりは遠い。

 

みんなはアイコンどうやって決めた?自分で作ってる人のが多いのかな?

 

 

飲み会での正しい振る舞い

仕事の付き合いだったり、数少ない友人とだったり、親戚付き合いだったり。

色んなタイミングで複数人とご飯を共にする事はあるんだけれど、そこにお酒が入ってくると途端に行きたくなくなる。

同じ顔ぶれでもランチなら喜んで行くのに、この違いは何だろうと考えてみた。

 

理由1、お酒の席のマナーがわからない

短期間とはいえお酒を出すお店で働いていたのにも関わらず、未だにこの辺りがふわっとしている。

まずビールをつぐタイミング。空になったからと言ってすぐにつぎ足すのはどうなんだろう。相手に「飲むよね?」とプレッシャーを与えることにならないだろうか。

毎回お酌するのも違和感がある。自分だったら手酌の方が気が楽だ。

 

理由2、時間が長い

「軽く一杯飲もうよ」は全然軽くない。一杯でもない。結構飲むし、結構遅くまでいる。1時間くらいかな?と想定して行ったら終電コースなんてのになる。

だからと言って途中で抜けるのは気まずい。(でも帰る)

 

理由3、酔った人の相手が難しい

職場では塩対応だった人が、飲み会で急に「宵闇ちゃ~ん♡」とか呼んでくるとビクってなる。私の名前ご存知だったんですね?とか、私たちそんな距離感でしたっけ?とか色々疑問は浮かぶけど苦笑いに終わる。でも気持ちは分かる。酔うと仲良くなれちゃうんだよね、その時限定だけれど。

あー、でもこれは嫌な事ではないかな。絡んでもらえて嬉しい時も多い。

ただ次に素面で会った時、どういう感じでいけばいいのか悩む。

 

理由4、なんか急に深い話される

それって私が聞いてもいいの?みたいなプライベートの話をされると挙動不審になってしまう。大抵うまい返しができない。「そっかー。うーん・・それは困ったね」が精一杯。話を聞いて欲しいだけだろうからアドバイスするのも違うかな?と思っている。

 

理由5、うっかり自分が酔ってしまう恐れあり

飲んだ翌日の身体が重たくなる感じが好きじゃなくて飲まなくなったけれど、体質的にはある程度飲めると思う。もう3年は飲んでないけど。

もし雰囲気に流され飲んでしまった場合、失態を犯すことは明白。想像するとめちゃくちゃ怖い。

 

こんなところでしょうか。

飲み会でのスマートな対応方法の講義があればぜひ参加したい。

飲む人だけの常識とか、暗黙のルールがある気がする。

これについては煙草も同じかも。吸わない人には分からない喫煙所の世界がありそう。

 

いくらでも飲める、所謂『ザル』とか『枠』とか呼ばれる人には会ったことがないんだけれど、どんな感じなんだろう。お茶やジュース感覚なんだろうか。

極まれに「あ、ちょっとお酒飲みたいかも」と思い浮かぶ事はあるけれど、できるだけ飲まずに生きていこうと思っている。

無い物ねだり百発百中

最近、夜寝る前になると無性にドーナツが食べたくなる。

チョコレートとカラースプレーのたっぷりかかったやつ。

でも家に都合よくドーナツなんてないので、代わりにココアを飲んだりヨーグルトを食べたりして誤魔化す。

 

そんな日々が続いていたから昨日はついにドーナツを買ってきた。

これでいつ食べたくなっても大丈夫!寝る前だろうと夜中だろうと絶対食べる!

と意気込んで挑んだ22時。

私の口から出たのは「おにぎり、食べたい」だった。

 

もう全然ドーナツじゃない。甘いものですらない。

むしろチョコとかちょっと遠慮したい。

焼き鮭の入ったふっくらとしたおにぎりが食べたい!

 

お米はあるけれど、都合よく焼き鮭なんてないので、結局違うもので代用せざるを得ない。

なんでいっつも無い物が食べたくなるんだ!

 

最近Uber Eatsをようやく自分で頼めるようになったんだけど、

その途端にあれだけ襲い掛かってきていた『夜のマックポテト食べたい現象』がおさまった。

もー本当困ったお腹なんです。

家に何があるかとか、デリバリーできるとか考えているつもりは無いんだけど

ドンピシャで無い物が欲しくなる。

逆にすごい!百発百中で当てにきてる。

 

無い物ねだりは食べ物に限らず。

あれだけロングへアに憧れていたのに、いざなってみるとボブの毛先からチラチラ見える首筋が羨ましくなるし、リラックスブラを付ければ道行く盛り盛りのおっぱいを目で追ってしまう。

スニーカーを履けばピンヒールの美しさに気付き、仕事を辞めれば働きたくなる。

私の性質は天邪鬼なんだろうか。

 

今日は昨日のおにぎりを踏まえて鮭フレークを買ってきたんだけれど

きっと夜になればまた違うものが食べたくなっている気がする。

 

f:id:yoiyaminoyoru:20221128143712j:image

(今はちょっとだけイチゴ飴が食べたい)

モテの考察

モテる人ってわかるよね。

何だろうね、顔じゃないよね。

雰囲気、立ち振る舞い、会話のテンポ、言葉選び、視線。

自信があって(でも決して傲慢さはなく)

明るくて、自分を受け入れてもらえる事が自然だと思っている感じ。

人を怖がっていない感じ。

人に慣れている感じ。

 

この間、女3人で話す機会があった。

その中で1番モテるであろう子は会話のテンポが小気味良い。

私なんかは一から十まで説明しがちになってしまい、相手からしたらダラダラと話しているように聞こえるだろう。

モテる子は短い言葉と表情で伝えるという感じ。

『楽しい!嬉しい!面白い!

悲しい。嫌だ。』

そういう感情を言葉よりも表情や声色に乗せる比重が大きいように思う。

だから簡単な単語で伝わりやすいしテンポが速い。

 

文章だとどうだろう。

色んな人のブログを読ませてもらって、

「あ、素敵な人だろうな」と思う事は多いけれど

意外と会話と文章は違う。

メールやラインなどの文字でのやり取りだと陽気でノリの良いように思えても

実際に会うと寡黙な人だったというのはよくある気がする。

絵文字とかも関係してくるのかな。

逆にメールだと冷たい印象だったけど、

会ってみるとめちゃくちゃ人懐こいタイプもいる。

 

自分はどっちのタイプだろうと考えてみる。

自分のことは一番わからないものだから答えは出ないんだよね。